NEWSブログ
「女工哀歌」を見る前に
スタッフ
劇場情報
予告編
リンク
ダウンロード
ホームへ
3、受賞歴
「記憶に残る、忘れがたいドキュメンタリー。」
(ボストン・フェニックス)

「痛切だが、きわめて重要な作品。描き方もバランスがとれていて、人間性にあふれている。」
(シアトル・タイムズ)

「今の中国の労働状況と、若い労働者たちの感動的で繊細なポートレイトになっている。」
(ル・モンド)

「少女たちの過酷な生活だけでなく、夢や希望も描こうとしている。」
(ニューヨーク・タイムズ)

「“中国産”の製品に不安を持っている人は、経済のレッスンとして『女工哀歌』をきちんと見るべきだ。」
(ヘラルド)

「いま、もっとも痛切で忘れがたい映画は、『バベル』でも『硫黄島からの手紙』でもなく、『女工哀歌』だ。」
(サンフランシスコ・クロニクル)※1
※1:07年米国公開時のものです