NEWSブログ
「女工哀歌」を見る前に
スタッフ
劇場情報
予告編
リンク
ダウンロード
ホームへ
2、監督インタビュー
撮影風景 私の前作『Store Wars』は、メガストアであるウォルマートが出店した小さな町が、どのように変化するかを描きました。 そして今、私はその続編として「ウォルマートのような小売企業がどうやって安い商品を作っているのか?」を探ってみたかったのです。
この映画を製作するためには多くの困難がありました。
世界でもっとも多くの消費財を生産している中国は、明らかにグローバリゼーションの物語をつくるのにぴったりの場所といえるでしょう。 しかし、中国で撮影する場合には撮影許可が必要で、しかも政府の役人がその撮影を最初から監視することになるのです。 そのような監視を避けるために、私たちは隠れて撮影を行いました。 しかし、警察は私たちの撮影を何度も何度も止め、撮影隊を拘束したり、撮影済のテープを没収したりしました。 私たちの主な被写体である16歳の少女は怯えてしまったので、新しい主人公を探して、もう一度取り直さなければなりませんでした。 中国では労働運動が禁止されていますが、私たちはリスクを侵しながらも手伝ってくれる労働者たちの地下組織的なネットワークに助けられながら撮影を進めたのです。