僕の作品は、ある意味でアーカイブ素材のように思っています。人々が50年か100年後に見たら、「あの頃、もうすでにあんな風にやっていたのか」、「まだそんなことをやっていたんだ」などと思うでしょう。そうやって何かが始まったり、終わりを迎えたりするわけです。原則的には出来る限り時代を選ばない作品にしようと思っています。この作品の場合は特にそう言えると思います。

前のページへ