このタイトルは文化的な歴史と関係があり、人々がいかに天然資源や生き物を扱っているかを考えると、この宗教的な雰囲気のせいでより荒々しい効果がでると思いました。僕は、いつも先の先まで考えてしまいますが、次に出てくる言葉は多分、「主よ、私たちの罪をお許し下さい。」だと思います。これは、ひときれのパンを稼ぐために、どうやって仕事をこなしていくかということを、まだ人々が考えていた頃の事も表していますが、それがいかに変わってしまったかということも。今、誰が機械を操作しているか想像できるでしょうか? 誰が生産工程を仕切って、素手で土地を掘ったり、キュウリを採ったりしていると思いますか?どうやって僕たちが食べるひときれのパンは世界に分配されているのでしょう?

前のページへ
次のページへ