back_bu"
forschool_title
・しみじみ感動(1)
ムーンライト
ムーンライト

あの夜のことを、今でもずっと、覚えている。

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「リトル(チビ)」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた中、ある事件が起こり…。母親ポーラ役にナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのフアン役にマハーシャラ・アリ。ブラッド・ピットが製作総指揮を執り、本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。

監督:バリー・ジェンキンス
出演:トレバンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス 他
2017年全国ロードショー作品/アメリカ/111分

しゃぼん玉
しゃぼん玉

これからが、これまでを変えていく。

直木賞作家・乃南アサの同名ベストセラーの原作を映画化したヒューマンドラマ。強盗や傷害など犯罪に手を染め逃亡中の青年が、ある老人と彼女が暮らす村の人々との交流を通して、再生していくさまが描かれる。逃亡の末に宮崎県の山深い村にたどり着いた青年・伊豆見は、怪我をした老婆スマを助け、彼女の家に世話になることに。当初は金を盗んで逃げるつもりだったが、スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は失いかけていた人間性を取り戻していく。そんな中、ある事件をきっかけに10年ぶりに村に帰ってきた美知と出会ったことから、自分が犯してきた罪の重さを自覚する…。『荒川アンダー ザ ブリッジ』の林遣都とベテラン女優・市原悦子が共演。テレビドラマ「相棒」などの東伸児監督が劇場映画初監督を務めた。

監督:東伸児
出演:林遣都、市原悦子、藤井美菜、相島一之、綿引勝彦 他
2017年全国ロードショー作品/日本/108分

ヒップスター
ヒップスター

後ろがどっちか分からなかったから、
前を向けなかったんだ。

『ショート・ターム』で注目を浴びたデスティン・ダニエル・クレットンが2012年に手がけた長編デビュー作。サンディエゴを舞台に、シンガー・ソングライターとして人気が出始め活躍する一方で無気力に過ごす青年が、父と3人の妹との再会をきっかけに自分を見つめ直す。クリエイティビティーについて描いたストーリーに加え、随所にちりばめられた演奏シーンに魅せられる。

監督:デスティン・ダニエル・クレットン
出演:ドミニク・ボガート、タミー・ミノフ、アルバロ・オーランド、ローレン・コールマン 他
2016年全国ロードショー作品/アメリカ/91分

Mommy マミー
Mommy マミー

私たちには、愛しかないんだ。

世界の映画界から熱視線を浴びるカナダの俊英グザビエ・ドランの監督第5作。息子スティーブは普段は知的で純朴だが、ADHD(多動性障害)で情緒が不安定、一度スイッチが入ると攻撃的な性格になってしまう。息子との生活に手を焼くシングルマザーのダイアンだった中、精神的ストレスで休職中の隣家に住むカイラがスティーブの家庭教師を買って出ることで快方に向かっていくが・・・。型破りなシングルマザーと問題児の息子、そして隣人の女性が織り成す人間模様を映し出す。『第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した。

監督:グザビエ・ドラン
出演:アンヌ・ドルバル、スザンヌ・クレマン、アントワン=オリビエ・ピロン、パトリック・ユアール、アレクサンドル・ゴイエット 他
2015年全国ロードショー作品/カナダ/134分

ショート・ターム
ショート・ターム

明日からの君の方が、僕は、きっと好きです。

未成年の保護施設を舞台に、誰にも言えない心の傷を抱えた女性と子どもたちが、大切な誰かとともに生きる喜びや希望を見出していく姿を描いたヒューマンドラマ。ティーンエイジャーをケアするための短期保護施設で働くヒロインの心の闇や、彼女を取り巻く施設の子供たちが心に受けた傷を丁寧にすくい取る。人とのつながりや人の温かさを感じさせる、珠玉のストーリー。

監督:デスティン・ダニエル・クレットン
出演:ブリー・ラーソン、ジョン・ギャラガー・Jr.、ケイトリン・デバー、キース・スタンフィールド、ラミ・マレック 他
2014年全国ロードショー作品/アメリカ/97分

永い言い訳
永い言い訳

妻が死んだ。
これっぽっちも泣けなかった。
そこから愛しはじめた。

『ディア・ドクター』などの西川美和が、直木賞候補となった自らの小説を映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故で長年連れ添った妻を失うが、妻との間には既に愛情と呼べるようなものは存在せず、妻を亡くして悲しみにくれる夫を演じることしかできなかった。そんなある時、同じ事故で亡くなった妻の親友の遺族と出会う。その遺族・大宮は幼い2人の子どもを遺して旅立った妻の死に憔悴していた。その様子を目にした幸夫は、兄妹の面倒を見ることを申し出る・・・。『おくりびと』などの本木雅弘を主演に迎え、妻役に『悪人』等の深津絵里、妻の親友を亡くす大宮役にミュージシャン兼俳優の竹原ピストル。

監督・原作・脚本:西川美和
出演:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、深津絵里 他
2016年全国ロードショー作品/日本/124分

お父さんと伊藤さん
お父さんと伊藤さん

私、彼氏、お父さん。
今日から三人で暮らすことになりました。

心のおもむくままに過ごす30代の女性と20歳上の恋人、彼女の父親の共同生活を、上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也らの共演で描くドラマ。書店でアルバイトをする女性と給食センターでアルバイトをする男性が暮らす古アパートに、息子の家から追いやられた父親が転がり込み、3人の奇妙な共同生活がスタートする…。第8回小説現代長編新人賞を受賞した中澤日菜子の小説を基に、『百万円と苦虫女』『四十九日のレシピ』などのタナダユキが監督を務めた。

監督:タナダユキ
出演:上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也、長谷川朝晴、安藤聖、
渡辺えり 他
2016年全国ロードショー作品/日本/119分

古都
古都

この運命に、生きる-。

川端康成の同名小説を現代版として映画化した人間ドラマ。原作では描かれなかった、生き別れた双子姉妹のその後と、それぞれの娘の人生が交差するさまを、京都とパリという 2つの古都を舞台に描く。松雪泰子が千重子と苗子の双子姉妹役を1人2役で演じ、橋本愛、成海璃子がそれぞれの娘役をそれぞれ演じる。ハリウッドで8年間にわたって映画製作を学び、その後もアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品の現場などに参加した経験を持つ新鋭Yuki Saitoが初メガホンをとった。

監督:Yuki Saito
出演:松雪泰子、橋本愛、成海璃子、伊原剛志 他
2016年全国ロードショー作品/日本/117分

うさぎ追いし −山極勝三郎物語−
うさぎ追いし −山極勝三郎物語−

名声より、わが命よりも大事なもの

「ガンが作れればガンは治せる」という考えから、大正時代の初期に世界で初めて人工的なガンの発生実験を成功させ、ノーベル医学生理学賞候補にもなった山極勝三郎の生涯を描いた人間ドラマ。結核を患いながら人工ガンの研究にまい進した山極氏の功績と、家族愛や友情、師弟愛、長野県に寄せる郷土愛を映し出す。遠藤憲一が主人公・山極勝三郎の学生時代から晩年までの40年を熱演。勝三郎を支える妻・かね子役を水野真紀が務めた。その他の共演に豊原功輔、岡部尚、高橋惠子、北大路欣也ら。監督は『エクレール~お菓子放浪記』などの近藤明男。

監督:近藤明男
出演:遠藤憲一、水野真紀、豊原功輔、岡部尚、高橋惠子、北大路欣也
 他
2016年全国ロードショー作品/日本/111分

泣き虫ピエロの結婚式
泣き虫ピエロの結婚式

あなたに残された日が少ないことを知っても、
あなたの前では涙をこらえました。
最後の一瞬まで笑っていてほしかったから。

志田未来と竜星涼の主演で、「日本感動大賞」の第4回(2014年)大賞に選ばれた実話を映画化。皆を笑顔にすることを夢見る見習いピエロの佳奈美は、透析患者で自身の運命を悲観する陽介と出会う。陽介に恋をした佳奈美は、陽介を笑顔にするため、どんな時でも自分が笑顔でいようと心に決める。佳奈美の明るさに次第に心を開いていく陽介。2人はいつしか結婚の約束をするが、式の前日、陽介が倒れてしまう…。「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」「人生、いろどり」などを手がけてきた御法川修監督がメガホンをとった。

監督:御法川修
出演:志田未来、竜星涼、新木優子、螢雪次朗 他
2016年全国ロードショー作品/日本/88分

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ
奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

一人の教師のアウシュビッツに関する“ある授業”が、
落ちこぼれたちの人生を変える-。

落ちこぼれクラスの元生徒の実話を基に、子供たちを導いていくベテラン教師と劣等生たちの交流を描くヒューマンドラマ。様々な人種の生徒たちが集まるクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任。アンヌは、「アウシュビッツ」強制収容所の生存者に、生徒たちへ彼らの経験を語ってもらう・・・。アハメッド・ドゥラメ自身の体験を映画化、ドゥラメはセザール賞有望男優賞にもノミネートされた。

監督・製作:マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール
出演:アリアンヌ・アスカリッド、アハメッド・ドゥラメ、
ノエミ・メルラン、ジュヌビエーブ・ムニシュ 他
2016年全国ロードショー作品/フランス/105分

0.5ミリ
0.5ミリ

死ぬまで生きよう、どうせだもん。

俳優・奥田瑛二の長女で映画監督の安藤桃子が、自身の介護経験を基に執筆した小説を映画化。ある事件に巻き込まれて全てを失った女性ヘルパーが、生きるために押し掛けヘルパーを始めたことからスタートする交流を通し、人と人とのつながりを描く。介護ヘルパーの山岸サワは、ある事件に巻き込まれ、家も金も仕事も全てを失ってしまう。人生の崖っぷちに立たされたサワは、訳ありの老人を見つけては介護を買って出ることに-。監督の実妹である安藤サクラが熱演。共演に柄本明、坂田利夫、草笛光子、津川雅彦らベテランが顔をそろえる。

監督・脚本:安藤桃子
出演:安藤サクラ、津川雅彦、柄本明、坂田利夫、草笛光子 他
2014年全国ロードショー作品/日本/196分

今日子と修一の場合
今日子と修一の場合

あなたには
つなぎとめる愛がありますか

俳優・奥田瑛二の監督第5作。東日本大震災を題材にしたオリジナル脚本で、宮城県南三陸町出身の男女が東日本大震災によって、それぞれに心の問題を抱えた男女が、帰郷できない現実にぶつかりながらも人生をやり直そうと懸命に生きるさまが描かれる。奥田監督の次女で女優の安藤サクラが今日子を、安藤の夫で俳優の柄本佑が修一を演じるほか、和田聰宏、宮崎美子、平田満ら実力派が共演。

監督:奥田瑛二
出演:安藤サクラ、柄本佑、和田聰宏、宮崎美子、平田満 他
2013年全国ロードショー作品/日本/135分

モヒカン故郷に帰る
モヒカン故郷に帰る

バカヤロ―!だけど、ありがとう

「南極料理人」の沖田修一監督が、松田龍平を主演に迎えて描くホームドラマ。売れないデスメタルバンドのボーカル・永吉は、恋人の由佳が妊娠したことをきっかけに、瀬戸内海に浮かぶ故郷の戸鼻島(とびじま)へ7年ぶりに帰郷。同じく故郷を出ていたはずの弟もいつの間にか帰郷しており、久々に一家が顔をそろえるが、そこで父親のガンが発覚し……。松田がモヒカン頭の主人公・永吉に扮し、父親役に柄本明、恋人役に前田敦子、母親役にもたいまさこ、弟役に千葉雄大と個性的なキャストが集った。

監督・脚本:沖田修一
出演:松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大 他
2016年全国ロードショー作品/日本/125分

独裁者と小さな孫
独裁者と小さな孫

逃亡の果てに、希望はあるのか

クーデターで地位を追われた独裁者と幼い孫の逃亡の旅を描いたヒューマンドラマ。「カンダハール」などの巨匠モフセン・マフマルバフ監督が平和への想いや未来への希望を込めて撮りあげた。独裁政権が支配する国でクーデターが起きた。これまで国民から搾取した金で贅沢な暮らしを送り、政権維持のため多くの罪なき人々を処刑してきた老齢の独裁者は、幼い孫と共に逃亡生活を送ることに。羊飼いや旅芸人に変装して正体を隠しつつ海を目指す彼らは、さまざまな人間と出来事に出会う中、彼らは思いも寄らぬ光景を見ることになる。

監督:モフセン・マフマルバフ
出演:ミシャ・ゴミアシュビリ、ダチ・オルウェラシュビリ、ラ・スキタシュビリ、グジャ・ブルデュリ 他
2015年全国ロードショー作品/ジョージア・フランス・イギリス・ドイツ/119分


rogo